本文へジャンプ

調査・品質管理

 事前調査を行い、変状原因を推測します

 状況に合わせた工法・材料の選定をし、
 必要に応じ補修提案書を提出いたします。
 注入専門技術者が適切な注入材料配合を決定
 します。

 最終注入材は、コンシステンシー試験で
 気温・練り上がり温度・流動性の確認を行い、
 確実な注入工事を実施します。


注入圧力管理
 材料攪拌については、専任者を指名します。

 注入材料は、計量・水温・攪拌時間等の管理
 を行い、安定した注入材を注入します。
 テストピースを作成し、1週・4週の圧縮強度
 試験を行います。