本文へジャンプ

ひび割れ注入工法

 深さ30m/m〜100m/m

 ピッチはひび割れ幅の状況に応じて
 湿式高速ドリル(刃先特注品)で穿孔。

 この時に、ひび割れ内部も洗浄する。
 ドリル刃先
注入プラグ取り付け、及びひび割れシール
 手動式ケミカルポンプで注入。

 ひび割れへの充填状況は、隣接する
 注入プラグよりの注入材の流出で確認。

 注入完了。
 注入材硬化後、注入プラグ・シールを
 撤去完了。