本文へジャンプ

水路の劣化補修

 ジョイント補修に使用するネオプレンゴム。
 サイズは、現場に応じて決定する。
 ジョイント部分を、ダイヤモンドカッターでカット
 中。

 この後、はつりながら古いエラスタイトを撤去
 する。
 断面を清水で清掃後、湿潤タイプのエポキシ
 樹脂を塗布し、ネオプレンゴムを挿入す
る。
 ネオプレンゴムの表面を弾性シーリング材で
 平滑に仕上げて、完成。
 ひび割れは、スペース上の問題もあり、
 低圧注入キットを取り付けてオーロラPZを
 注入。

 流動性が非常にいいので、十分注入できる